イボタノの木とイボタロウ  横浜市  (有)小沢表具店


有限会社 小沢表具店     045-741-9645  ふすま張替

TOP

会社案内

よくある質問

お問合せ

アクセス



和風インテリア
掛軸の修理
掛軸の保存
壁紙の選び方
ふすま張替
障子張替
ピクチャーレール
和額と書道額
イボタの木
木賊(トクサ)
壁紙張替と内装
壁紙のカビ
ガラスフィルム
壁紙(クロス)
カーテン
カーペット
クッションフロア
汚れとシミの取り方
リンク集

表具と内装の専門店
横浜市南区六ッ川3-27-33
(有)小沢表具店

電話でのお問合せ
045-741-9645
【営業時間】
8:00-19:00



            イボタの木とイボタロウ
 

イボタノキは九州から北海道に分布する落葉低木樹、5月から6月にかけて
白い花をつける。
イボタノキに寄生するイボタロウムシと言うカイガラムシノ幼虫の分泌物からとれる蝋を
加熱溶解して冷水で凝固させると、参考写真④のような製品ができます。
融点が高いので夏でも溶けてベタつくようなことは有りません。

イボタロウの主な利用方法

ふすま 障子 建具などの敷居のすべり用に利用されます。
現在敷居にイボタロウをしくことは少なくなりました、
ろうそくの蝋ですと気温の上昇によりとけてほこりなどをつけてしまいます。
一般住宅ですとビニールの敷居すべりが利用されています。

又掛軸の作業の中のうらずりをする前にぬります。
家具などの艶出しにも使われているようです、
引き出しのすべりをよくするためにもつかわれています。
その他木製品の艶出しにつかわれます。

電動ドリルが使われていないころ木ねじを締めるときに
硬くて入り難い場合にねじの溝にイボタ蝋をつけると、
楽にねじを締めることができます.

和名

 イボタノキ

学名

 Ligustrum obtusitoliom

所属

 モクセイ科 イボタノキ属





         横浜市児童遊園地内の植物

イボタの木 横浜市児童遊園地 イボタの木 葉と花

イボタノキ

葉と花

イボタノキ樹形 横浜市児童遊園地 イボタロウ 固形

樹形

イボタロウ

 結晶粉末イボタロウ  結晶粉末イボタロウ

1箱500g
矢印このページのTOP
     



TEL-045-741-9645
(有)小沢表具店 横浜市南区六ッ川3-27-33
Copyright(C) 2017 (有)小沢表具店